BMW新型5シリーズの動画

BMW新型5シリーズ試乗動画(河口まなぶさん)

 

BMW新型5シリーズの試乗動画です。

 

⇒BMW値引きについてはこちら!

 

 

僕(河口まなぶ)が乗っているのは、BMW523dラグジュアリーというグレードになります。

 

BMW523dは2リッターのディーゼルエンジン、最大出力は190PS、最大トルクは40.8kgm
これを1750mpmから2500rpmという本当に常用域で最大トルクが出るフラットな出力特性になっています。

 

これが新しくなったBMW5シリーズです。
デザイン的にはこうして見ると、BMW7シリーズと近い感覚というのが随所に見られるかなというところがありますね。
例えば、顔つきなのですが、このような感じでヘッドライトの上のウインカーの白い眉毛みたいなデザインは非常に近いものがありますし、全体のフォルムなんかを見ても共通性を感じられるものになっています。

 

例えば、フェンダーのこの辺りの加飾の処理なども似ているかなと思います。

 

リアから見るとこのような感じになります。
BMWはデザイン的に跳び抜けて変わるというようなことはないですけれども、確実にディテールの部分で新しくなって行くという印象を受けるわけですが、今回のBMW5シリーズもそのような所を感じるものになっています。

 

そのままインテリアを見ていきたいと思います。
BMW5シリーズのインテリアも他のBMWのシリーズと同じ雰囲気を保ったデザインということになります。
今回、この辺りもBMW7シリーズに凄く似ている感じがあるわけで、特にステアリング周りを含めてのデザインというのは、7シリーズを彷彿とさせるものがあるということになります。

 

では、イグニッションをONにします。
このような感じですね。
特徴的なのは、ステアリングの絵が書いてありますけれども部分自動運転をかなり対応しているというのがひとつポイントになってくるわけで、走り出した時にこのボタンを押すとメーターの中にハンドルの絵が真ん中に出ましたけれども、このハンドルの絵が緑色になって、自動運転でかなりのところまで追従していくという説明を受けました。

 

今回のBMW5シリーズ、フルモデルチェンジなので当然かなり力が入っているわけですけれども、特徴的なのは軽量も非常に進んでいて100kgまではいかないですけれども80kgぐらい軽量化したというところもあったりとか、やはり注目なのは部分自動運転にかなり対応してきているということで、この辺りはメルセデスベンツEクラスなどは相当部分自動運転を行っていますけれども、それに負けないくらいの部分自動運転を行っているのが特徴ということになります。

 

幹線道路に出てBMW5シリーズを試乗していますけれども、時速50〜60キロで走っているのですが、今回のBMW5シリーズは進化しているね本当。
メルセデスEクラスも試乗したときに凄く進化したと思いましたけど、やっぱりライバルたるBMW5シリーズも相当に進化しているので、もう走らせた瞬間にまろやかな感じが際立っていますね。
これは如何にもアッパーミドルの車らしい滑らかな質感があって、ラグジュアリーというグレードなので余計にその辺りの滑らかな感触が際立っているのかなという感じを受けますね。

 

非常に上質なそれでいてEクラスのマッタリ感とは違うどこかスポーティーな雰囲気を思い起こさせるような身のこなしを感じさせるものがあります。
この辺りがメルセデスとのキャラクターの違いとして大きく現れているという事でしょうね。
BMW5シリーズには、やっぱりドライバーズオリエンテッドなスポーティーな部分というのは比べるとメルセデスよりはあると、だけれどもアッパーミドルサルーンとしての上質さ、格を感じさせる静粛性、乗り味みたいなところも非常に強く感じるというところです。

 

前車に追従して部分自動運転で走っています。
ほとんどハンドルに手を添えて走っているだけですけれども、かなりしっかりとハンドルを切ってくれて、この辺りはメルセデスEクラスと比べても結構切るなという印象ですね。
なので、ドライバーは負担軽減をされているという感覚があって、これは渋滞では強い味方になるなと感じます。
そのまま高速道路に乗ってみたいと思います。

 

BMW新型5シリーズで大黒に向かって走っているわけですけれども、基本的には広い道路ですが、ところどころRの深いコーナーもありますけれども、ここもご覧になって分かるようにハンドルに手を添えているだけで前の車を追従しているのが分かります。
ウインカーを出して車線変更という機能はないみたいですけれども、これはでもほぼほぼ何もせずに、今、大黒に向けて走っているのですが、タブン、大黒まで何もしないで行けるだろうなとそんな感じを受ける優秀な部分自動運転をしてくれているかなという感じです。

 

前に車がいない状態で走っていますが、この時も車線を読み取っていてレーンを常にキープしながら走ってくれているというそういう状態ですね。
でも楽チンだな、やっぱり。
このくらい楽だと非常に運転が疲れないなと思います。

 

BMW新型5シリーズに試乗してきましたけれども、今回は非常に短い時間でBMW523d、ディーゼルエンジン搭載モデルのみ試乗したということになりますが、チョイ乗りでも非常に好印象だったなということはまずお伝えしたいところですね。
実力の高さはかなりのものだなという風に感じました。
この他にBMW540に試乗してみてどんな風に感じるかという所も含めて、今後はチェックしていきたいと思います。

 

ということで、BMW5シリーズ、これはEクラス危うしという車になっていました。

page top